ビットコインでの決済方法のやり方をご紹介!
ビットコインの決済方法

ビットコインでお買い物する方法!

この数年で驚異的に発展し、世界中で普及している仮想通貨「bitcoin(ビットコイン)」。

最近はビックカメラやソフマップ、メガネスーパーなどなど、実店舗や通販サイトを問わずに、日本でもビットコイン決済を導入するお店が増えてきています。

その理由として、ビットコイン決済には主に下記のメリットがあるからなんです。

  • クレジットカードなど、その他の決済方法よりも手数料が安い
  • クレジットカードのようにカード番号や個人情報が漏洩する心配が少ない
  • 外国で買い物する場合でも円→ドルのように、通貨を両替する必要がない

このようにお店側にもお客側にもメリットがあることから、ビットコインでお買い物ができるお店はますます増え続けていくことが予想されます。

しかし、「実際にビットコインで支払いをするにはどうしたらいいの…?」と、決済のやり方がイマイチわからないという声が多く見受けられます。

今回は、ビットコイン決済を導入している実店舗と通販サイト、両方での支払い方の手順をご紹介します!

ビットコインでお買い物する前に必要な準備

ビットコインの決済手順

2018年4月現在、ビットコイン決済を導入している店舗、または通販サイトのほとんどが、bitFlyer(ビットフライヤー)社の決済システムを利用しています。

そのため、ビットコインを使ってお買い物をするためには、まずbitFlyerに自分のアカウントを作成し、そこへビットコインを入金する必要があります。

bitFlyerのアプリをインストール&アカウントを取得

ビットコインの決済は、基本的にQRコードを読み取って支払いするシステムになっているため、まずはお使いのスマートフォンにbitFlyerのアプリをインストールしておきましょう。

(QRコードのシステムを利用しない決済方法もありますが、その場合14ケタのアカウントIDを手打ちしなければならず、非常に面倒なことになってしまいます…)

アプリをインストールしたら本人情報の登録をしてアカウントを作成し、本人確認のための資料(免許証や自分の顔写真など)を提出します。

しばらくするとbitFlyer社から本人確認が承認された旨のハガキが届くので、ここで初めてビットコインを始めとした仮想通貨のやり取りができるようになります。

bitFlyerにビットコインを入金する

本人確認の承認が降りると、仮想通貨の保管に使用される「ウォレット(お財布)」に入出金できるようになります。銀行で言う「口座」に当たるものですね。

この時点でビットコインを持っていない人は、まずは銀行やATMなどからbitFlyerのウォレットへ日本円を入金し、ビットコインを購入する必要があります。

すでにbitFlyer社以外のところでウォレットを作成していてビットコインを持っているという方は、そのビットコインをbitFlyerのウォレットへ送金(移動)させる必要があります。

上記のいずれかの方法でbitFlyerのウォレットにビットコインが入金されたら、これでお買い物をするための準備はOKです!

ビットコイン決済のやり方・支払い方法

実店舗(リアルショップ)編

まずは実店舗での決済方法をご紹介します!
今回はビックカメラでビットコイン決済をしてみました。とても簡単な3ステップです。

①bitFlyerのアプリを起動させる

まずはスマートフォンにインストールしてあるbitFlyerのアプリをタップし、起動させます。

bitFlyerのアプリを起動させる
▲ホーム画面にあるbitFlyerのアプリをタップ

②画面右上のアイコンをタップし、バーコードリーダーを起動させる

アプリが起動したら、画面右上にあるアイコンをタップし、QRコードを読み取るためのバーコードリーダーを立ち上げます。

bitFlyerのQRコードリーダーを起動させる
▲bitFlyerのバーコードリーダー

③決済用のQRコードを読み取れば支払い完了!

店員さんがビットコイン決済用のQRコードを表示させてくれるので、bitFlyerのバーコードリーダーで読み取れば決済完了です!

ビットコイン決済用のQRコードを読み取る
▲ビットコイン決済用のQRコード

通販サイト(オンラインショップ)編

通販サイトでのビットコイン決済は少し複雑だったりするので、商品の購入から細かくご説明させていただきますね!
もちろんそんなに難しいものではく、実店舗の決済の方法とやっていることは一緒ですのでご安心ください。

①ビットコイン決済対応の通販サイトで商品を注文する

まずはビットコイン決済に対応している通販サイトでほしい商品をカートに入れ、いつも通り購入手続きを進めていきます。
今回はミネラルウォーターが購入できるビットコイン決済専用通販サイト「bitwater」で商品を購入しています。

>> bitwater -ビットコインでお水が買える♪-

購入の手続きを進めていく際は、支払い方法が必ず「ビットコイン決済」になっていること確認して、注文を確定させて下さい!

支払い方法がビットコイン決済になっているのを確認する
▲お客様情報入力ページ

②注文了後、ビットコインの決済URLが記載されたメールが届く

注文の手続きが終わると、自動配信で送られてくる「ご注文確認メール」の後に、下記のような決済URLが記載された「ご注文確定メール」が届きます。

ビットコイン決済URLが記載されたメールが届く
▲決済URLが記載されたご注文確定メール

その決済URLをクリックすると、ビットコインで決済するためのQRコードが表示されたWEBページが開きます。

ビットコイン決済QRコード
▲ビットコイン決済用のQRコード

手順③:決済用QRコードをbitFlyerのアプリで読み取る

そうしたらbitFlyerのアプリを起動させ、画面右上のアイコンをタッチしてバーコードリーダーを立ち上げてQRコードを読み取ります。

bitFlyerのQRコードリーダーを起動させる
▲bitFlyerのバーコードリーダー

④送金画面が表示されたら「送金する」ボタンをタップ!

QRコードをバーコードリーダーで読み取ると、自動的に支払金額分のビットコインの数量が入力されている送金画面に変遷するので、画面下の「送金する」ボタンをタップします。

ビットフライヤーのアプリのビットコイン送金画面▲ビットフライヤーのアプリの送金画面
 

⑤ワンタイムパスが記載されたメールが届いたらアプリに入力!「支払う」ボタンを押して決済完了!

「送金する」ボタンを押すと、『ワンタイムパス』という6ケタの数字が記載されたメールが届きます。
その6ケタの数字をアプリのワンタイムパス入力欄に記入して、「支払う」ボタンを押せば決済完了です!あとは商品が届くのを待つばかりです!

ビットフライヤーのアプリのワンタイムパス入力欄▲ビットフライヤーのワンタイムパス入力画面
 

ビットコイン決済の注意点

ビットコイン決済にも消費税はかかる

法律の改正があり、ビットコインを日本円で購入する際は平成29年7月から消費税は非課税になりました。
これは、仮想通貨は“モノ”ではなくて、貨幣や紙幣と同じように“支払手段のひとつ”として認められたからです。

しかし、ビットコインで購入した商品自体には消費税が課せられるため、普通に現金でお買い物した時と同じように価格の8%を納税する義務が生じます。

ここを混同しないように注意しましょう!

1回の決済に上限金額が設定されているお店もある

お店によっては、1回のビットコイン決済に上限金額を設定しているところもあります。

例えば、ビックカメラは1回の会計で30万円まで、湘南美容クリニックでは1回の会計で200万円までと決められています。

ビットコインで高額のお買い物を検討されている場合は、そのお店に上限金額が設定されているのかを確認するといいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回ご紹介した通り、ビットコインでの決済方法って意外と簡単だったことがお伝えできたでしょうか?

これからはビットコインのみならず、その他の仮想通貨での決済も広まっていくと考えられています。

この機会にぜひ一度、ビットコインでの支払い方法を経験しておくといいかもしれませんね!